環境に影響を与えないクリーンな電気を自ら作って利用できる太陽光発電。
「環境への意識を高めながら電気代の節約もできる」ということで注目が高まっています。
しかし、地域によっては設置時に注意が必要です。
海に近いエリアで太陽光発電を導入する時に、まず考えるべきなのは塩害によるリスクです。
塩分を含む風が装置に吹きつけると太陽光発電の装置に塩分が付着し、パネル内部の配線部分や屋外に設置されたパワーコンディショナーなどは錆びてしまいます。
装置の構造によっては内部まで潮風が入り込み、フレームや架台など耐久性に関わる部分まで腐食してしまうので、深刻な事故を引き起こしかねません。
現在では多くのメーカーが、錆びに強い高品質な素材を太陽光発電モジュールの標準仕様に取り入れているため、塩害地域であっても太陽光発電が設置できるケースは増えています。
それでも、塩害リスクに対するきめ細かな配慮は欠かせません。
パワーコンディショナーは屋内に設置する、塩害地域への設置の実績が豊富で、保証内容が確実な施工会社を選ぶ、などの対策が必要です。
また特に設置前の調査段階では、設置場所の海岸からの距離はもちろん、潮風の向きや強さなどについて細かく確認しておくことが大切だといえるでしょう。
詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 塩害

関連記事