肌のダメージケアで肌質に大きな差がでる

日焼けして皮がむけ、むけ終わったからと安心してはいけません。
そこからのお肌のケアもとても大切です。

もちろん、肌にとっては焼かないのが一番ですが、日焼けしてしまった後にそんなことを言っても仕方ありません。

それならそれで、出来ることをしましょう。

それをするかしないかで、お肌の質や見た目が変わります。
何もしないで放置すれば、ダメージを受けた状態のまま放置することになり、せっかく再生した皮膚にまたダメージを与えることになります。

そんなことをすれば、シミや黒ずみとなり、ずっと残ってしまいます。

日焼けした失敗を挽回したいなら、皮がむけた後もケアしなくてはいけません。

日焼けで皮がむけ終わった後に気をつけること

再生したばかりの皮膚はとても敏感になっています。

例えば、お風呂に入っていつも通りゴシゴシするのは絶対にダメです。
刺激が強すぎて、悲鳴をあげます。

よく泡立てればこすらなくても汚れは落ちますので、手で優しく洗ってください。

また、体内からのケアも必要です。

再生直後の皮膚は紫外線にも弱いので、日焼け対策にもなるビタミンA、ビタミンC、 ビタミンEの栄養を取り入れましょう。

肌の回復力をつける効果のあるアボカドや納豆なども有効です。

他にも、ビタミンEとビタミンCを一緒にとるとシミやそばかすを防ぐ効果もあります。

肌の栄養素となるものをたくさんとることで、もとどおりの肌となりやすくなりますので、日焼け後は進んでとるようにするといいでしょう。

こちらも参考にしてください⇒東武スーパープール 日焼け止め 禁止

関連記事