自分の家の外壁塗装をする時は、自分の家の屋根素材をしっかり知っておきましょう。
屋根材の塗装の時期と特徴は、ストレート系カラーベストで7年~8年の目安で、特徴は一般的に使われていて、コケなどがつきやすくなります。
セメント系瓦は、10~15年でモルタル型を入れて作った屋根素材、粘土系瓦は、20年~30年を目安とし、粘土瓦は寿命が長く、色落ちがないとても優秀な瓦です。
金属系はサビにも強く、コストが安いので人気です。
塗装時期も20年~30年と長持ちします。
屋根材の劣化の症状はストレート系では、色あせ、サビ、割れなど、
セメント瓦は、色あせ、色落ち、屋根のずれなど、
粘土系瓦はこけや、ずれ、割れ、金蔵系は色あせ、色落ち、サビ、浮きなどがあります。
自分の家の外壁の塗り変えが必要かどうかは素人ではわかりません。
外壁塗装劣化診断士に建物の劣化の診断をしてもらうとよいと思います。

参考: 屋根素材 診断

無料で見積もりなどもしてもらえ、最適な塗料とその特徴などを料金別に比較してもらい、希望のカラーのイメージなどを一緒に考えてもらえます。
外壁塗装劣化診断士の資格をもっているとプロですので安心して外壁塗装を任せられ、信頼のある外壁塗装ができます。

関連記事