全身脱毛のトラブル

最近ではワキや手足だけでなく、全身脱毛 10万円をする人も増えてきています。

そんな人気の全身脱毛ですが、まれに施術後に肌に赤みが出てしまった、というトラブルが発生することがあります。

脱毛サロンや美容クリニックの光脱毛は肌へのダメージの少ない脱毛方法です。

ただし顔は身体の他の部位と比べて皮膚が薄いため、ダメージを受けやすいのです。

そのため、刺激の少ない光脱毛の光でも軽い火傷や乾燥などによって肌に赤みが出てしまうことがあるのです。

全身脱毛で赤くなってしまったら?

顔脱毛によって赤くなってしまっても慌てる必要はありません。
まずは肌を冷やして赤みの原因となっている炎症を鎮めましょう。

これで赤みが引きやすくなります。
また、脱毛直後の肌は乾燥しており、ダメージを受けやすい状態になっています。

悪化させないためにもしっかり保湿をして肌を外部の刺激から守りましょう。

全身脱毛後のアフターケアが重要

クールダウンと保湿という脱毛後のアフターケアをしっかりと行っておけば、脱毛後のダメージも最小限に抑えられますし、万が一赤くなってしまってもすぐに回復します。

ただしいつまでたっても赤みが引かないという場合は施術したサロンに連絡しましょう。

関連記事