毎日剃っても、次々と生えてくる髭。
生きている限り続く人間の生命活動の一環なので、
当たり前といえば当たり前なんですが、
この髭が濃いことに悩んでいる人がいることも事実です。
髭が濃かろうが薄かろうが、
日常生活においてはどちらでも一緒なはずですが、
第三者の目から一緒に見られていないことが、髭が濃い人の悩みの基でしょう。
たとえば、世間の女性の多くが、「青髭はちょっと・・・」とか
「髭が濃いのはなんとなくイヤだ・・・」と評価している現実があります。
もちろん、髭が濃い人ほど髭剃りに気を使っているので
(中にはだらしない人もいますが・・・)、
青髭や不精髭対策がしっかりしているものですが、何しろ朝シェービングしても
午後になるとアゴやホホ周りが青々してしまうので、どうしても不潔に見られがちです。
髭が濃くなる原因については、
ホルモンバランスや食生活などいろいろ言われますが、
もっとも根本的な話として、人の体毛は類人猿時代の名残だということがあります。
つまり、全身の体毛は、
肉体を寒さや外傷から保護するために自生している(いた?)わけです。
そういったことを考えると、
髭が生えている箇所を刺激すればするほど、髭という体毛が濃くなることが予測されます。
言い換えると、毎日行う髭剃りも実は、肌に過度な負担をかける行為なので、
シェービング自体が髭が濃くなる原因になり得るわけです。
とはいっても、毎日髭を剃ることを止めるという選択はあり得ません。
なので、髭剃りを行う際には、極力肌にダメージを与えずに行うべきです。
髭を蒸らさずにいきなりジョリジョリ剃り始めたり、
シェービング剤をケチったり、逆剃りを多用したり、
髭剃り後のケアを怠ったり、さらに髭を抜くなんてもってのほか!
これらはすべてNG行為です。
濃い髭を対策したければ、
まずは毎日の髭剃りについて、面倒がらずに丁寧に行うことを第一に考えましょう。

悩み解決策☛髭が濃い 悩み

関連記事