三黒の美酢の主な成分は黒酢もろみ、発酵黒にんにく、黒卵黄油、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6その他です。

黒酢もろみは宮崎県綾町で、生産されたものを使用しており、一般的の黒酢の約10倍の栄養素、食酢の約130倍のアミノ酸の量が含有されています。

発酵黒にんにくは鹿児島県湧水町のものが使用され、真っ黒になるまで完全に発酵しています。

発酵をすることよって、一般のにんにくと比較して、ポリフェノールが約6倍、たんぱく質とアミノ酸が約11倍の栄養価になっています。

黒卵黄油は10個の卵黄に対して、およそ1t程しか抽出擦ることが出来ない希少な成分です。

昔から薩摩地方では健康食品として、長きにわたり地元の人々の健康をサポートしてきました。

脂質の代謝を活性化させるレシチンを大豆レシチンの約2倍含んでいるもので、鹿児島県いちか串木野市で作られたものを使用しています。

ビタミンB1はにんにくの成分アリシンと合わせることで、吸収が良くなりアリチアミンとなります。

ビタミンB2は、人間の身体の細胞を活性化させる役割を持っていて、にんにくと合わせることで吸収力がアップします。

ビタミンB6は黒酢を吸収力をサポートし、アミノ酸には不可欠な成分です。

これらの主な成分のみならず三黒の美酢はカプセルにも強いこだわりを持っていて、DHAやEPAを配合しています。
こちらに詳しく書かれているので参考にしてください⇒三黒の美酢 口コミ

関連記事